お知らせ

HOME > ☆夏を涼しく爽やかに過ごす方法☆

☆夏を涼しく爽やかに過ごす方法☆

2017/8/4

今年も暑い夏がやってきました!!
そこで、「夏を涼しく爽やかに過ごすには」という事を考えてみたいと思います。

涼しく=温度を下げること
爽やか=湿度を下げること

この両方が達成できていれば快適に過ごすことができます。

室内の温度が上がりすぎないようにするには、太陽の光が直接入ってこないようにすることが大切です!
そのために日よけを設置する方法がありますが、内側or外側どちらで日よけをするかで効果は全く違ってきます。
皆様もお分かりのように外側で日よけをする方が内側で日よけをするよりも約4倍の効果があると言われています。
新築の場合、設計する時に太陽の動きを計算し、軒を出したり、直射日光を入れない工夫(モデルハウスに採用)を行うなどすることができます。(特に西日)
無い場合は、すだれを窓の外に設けるのが効果的です。合わせて内側に遮熱カーテン等も効果的です。
また、外気温が30度を超えてくれば、窓を開けていても涼しくありません。
そこでエアコンの連続運転が必要になってきます。

次に爽やかに過ごす為には湿度を下げる必要があります。
エアコン運転中なのに別の部屋の窓を開けっ放しだったり、キッチンのレンジフードが周りっ放しだったりしませんか?
これではエアコンの効果もガタ落ちです…
エアコン運転中は計画換気モードにしましょう。
計画換気でも熱交換のできる第一種換気であればさらに効果的です。
そうでない場合でも、エアコンの再熱除湿モードで運転を行うと温度を下げすぎずに湿度だけ下げることができますので寝る時なんかに非常に効果的です!!

ダイキンHPより

寝る時にエアコンを使用する場合、冷たい空気は下に溜まりますので、エアコン設定28度(エアコン内部に温度センサーは付いています)でも寝ている高さは26度ぐらいになることもあります。
枕元に温度・湿度計を置いてモニタリングするのがベストです!!

 

 

 

 

 

 

現在の堺市の天気・気温・湿度等です。
9時の段階で 不快指数 83.2です。
熱中症には十分注意しましょう!!

施工エリア

大阪府全域、兵庫県尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市、川西市、奈良県奈良市その他相談